女性器の黒ずみを化粧品・クリニックで改善しよう

女性器の黒ずみは、クリニックで改善できるのか?

女性器の黒ずみは、まず、化粧品でケアして効果が得られない人はクリニックに相談してみましょう。

 

そもそも、女性器の黒ずみの原因は何でしょういか。

 

それは、メラニンの増加によって起こります。

 

メラニンは顔や手のシミなどでおなじみの成分で色素沈着を促して、黒ずんでしまいます。体内のメラニンが多いと、女性器も黒っぽくなるのです。

 

日本人は黄色人種なので、メラニンの量は多く、多くの人がデリケートゾーンの黒ずみに多少の差はありますが悩んでいます。

 

メラニンはホルモンの影響も大きいので、妊娠や更年期になるとホルモンバランスが変化し、メラニン量が増えて黒っぽく感じることが多いでしょう。

 

ストレスによるホルモンバランスの乱れや、アンダーヘアの自己処理が刺激となってメラニンが増えることもあります。

 

下着のムレやおりものシート・ナプキンなどで皮膚がかぶれてしまうことが原因のこともあります。

 

黒ずみはメラニン色素の沈着なので、メラニンが沈着しないようにすることが大切になります。

一番簡単な女性器の黒ずみケア

女性器の黒ずみは、クリニックで改善できるのか?

女性器の黒ずみケアで1番簡単な方法は、黒ずみケアのせっけんで優しく洗い清潔にすることです。

 

第2の方法はジェルやクリームの化粧品をデリケートゾーンに塗ることです。

 

美白コスメのデリケートゾーン用ですが、美白成分の高いものは使えませんので、即効性は期待できませんが、2が月継続すると効果が現れてきます。

 

第3には婦人科形成のクリニックで、治療する方法で、効果が高く即効性も期待できます。

 

切除手術・ハイドトキノンの処方・美白ピーリングなどで処置をして黒ずみを改善します。

 

美白ピーリングは特殊な酸の効果で古い角質を取り除く処置で、肌の粘膜をきれいにします。化粧品などの方法でうまくいかないときには、クリニックを受診しましょう。

綺麗になりたければプラセンタサプリ!

綺麗になりたければ、「体の中からが大切」と聞いたことはないでしょうか?

 

事実、体の中から綺麗にすることは、効果があります。
人間は、鏡で写る外観ばかりを気にしがち。
でも本当は、外観も体のかなから来ている美しさなのです。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

 

一番カンタンな内面から美しくする方法は、食生活です。
ただ、食生活というのは、2,3日気を付けてもほとんど効果がなくて、3ヶ月、6ヶ月、1年と続けてこそ効果がでてくるものです。

 

一番難しいのは、美容効果のある栄養素のあるものを毎日食べ続けることです。
継続こそ力なり、という言葉があるように、続けることでどのようなことでも成果がでてきますが、続けることが難しいのです。

 

そこで、おすすめなのが、サプリ。

 

特に美容効果が期待できるサプリとしては、プラセンタサプリがあります。
ここではプラセンタサプリがどのようなものであるのかは説明しません。
興味がある人は、こちらのプラセンタサプリの効果について書かれているサイトを参考にしてみると良いでしょう。

<< 化粧品 │ トップページに戻る │ ホワイテックス >>